睡眠薬を飲みながら生活スタイルの改善をしよう

時計と雲の背景

睡眠薬の使用を検討している方は、薬の種類を把握しておきましょう。睡眠薬はさまざまな作用があり、薬によって効果時間や作用時間が違います。
超短時間型、短時間、中時間、長時間があり長時間になるほど効いている時間が長くなるのが特徴的です。

睡眠は私たち人間にとって非常に大切な休息タイム。放置しておくと、そのまま心労や身体にも影響します。
自分自身の不眠タイプに合わせた薬で、不眠症を改善していきましょう。

●睡眠薬のタイプは4つ

睡眠薬の種類には超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型があります。さっそくそれぞれの特徴をチェックしましょう。

・超短時間作用型
作用している時間は2~4時間
・短時間作用型
作用している時間は6~10時間
・中時間作用型
作用している時間は20~24時間
・長時間作用型
作用している時間は24時間以上で、ずっと効いているのが特徴的

寝つきが悪い人は効きの早い超短時型を使用したり、中途覚醒の方は短時間~中時間を服用したりするケースがほとんどです。

●睡眠薬を飲みながら生活スタイルを見直そう!

薬に頼る前にオススメしたいのは、生活習慣の見直しです。寝具の新調や部屋の明るさや、温度に気を使うだけで眠れるようになったという人も。
その他にもさまざまな方法がありますが、NG習慣も存在します。

<オススメしたい習慣>
・寝る直前にスマホを触らない
・適度な運動を心がける
・温かい飲み物で眠気を誘う

<寝る前のNG習慣>
・毎晩のように寝酒をする
・コーヒーや紅茶は、利尿作用や覚醒作用があるため起きやすい
・ストレスを溜めすぎている

不眠症は睡眠薬だけでは改善しません。そのため薬を服用しながら生活習慣を正すのが最適です。