注意!正しい使用方法で服用しよう

注意事項

「睡眠薬を飲んだら止められなくなりそう」「飲むのは怖い」、という印象が強かったのではないでしょうか。
実は一昔前までは睡眠薬をトリップ目的で使用する人が後を絶たず、事件事故を起こす人もいました。

しかし医療が進歩した後の睡眠薬は、安全性が高く依存性が軽減された薬ばかり。
正しく服用すれば、副作用の心配はほとんどありません。医師が処方した用法用量をきちんと守りましょう。

●睡眠薬の副作用は怖い?

「使用し続けると耐性がつきそう」「量を増やす必要がありそう」と、怖いイメージがまとわりついている睡眠薬。
現在使用されている睡眠薬は、飲み続けるとクセになりだんだんと効かなくなるというケースはほとんどありません。
ではその他に、どのような副作用があるのかチェックしてみましょう。

<主な副作用>
・ふらつきやめまい
・頭痛
・身体のだるさ、脱力感
・集中力、注意力の低下

薬の中には身体中をリラックスさせる作用を持つ睡眠薬もあるため、ふらつきが起こる場合があります。
ふらつきを避けるためには、必ず就寝前に服用しすぐに眠れる体制を作っておきましょう。

●健忘に注意!

近年の睡眠薬は、安全性が高く依存性も減っています。しかしまれに健忘を引き起こすことも。
健忘とは物忘れと似ている副作用で、睡眠薬を服用した以降の記憶がスッポリ抜け落ちてしまっている状態です。

たとえば睡眠薬を服用した後に、友達と電話で話をしてそのまま就寝したとします。翌日、同じ友達に電話の内容を聞かれると、まったく覚えていないという事態に発展し話が噛み合わなかったということも。

健忘は服用後の自分が起きている時の記憶を思い出せないため、人によってはパニックを起こします。
特に即効性がある睡眠薬に起こりやすいため、健忘が起こった際にはかかりつけ医に相談してください。