不眠症って何?ただの寝不足だと思っていたけど…

眠っている男性

眠りたいのになかなか寝れない、何回も起きるという経験ありませんか?
眠れない状態が1ヵ月以上続いている、さらに睡眠を取れないことに対してイライラ感が募ったり、緊張や焦りを感じたりすると不眠症の疑いがあります。

不眠症は誰でもなり得る病気です。寝不足状態を放置し続けるのではなく、毎日しっかりと眠る時間を確保しましょう。

●寝不足と不眠症は違う?

寝不足と不眠症の違いを知っていますか?寝不足は眠れる時間がないだけで、床につくとすぐに寝れます。
しかし不眠症は睡眠時間をしっかり確保しているにも関わらず、ベッドに入っても眠れないのです。

寝つくまでに2時間以上かかったり、せっかく眠れたのに途中で何度も起きたりという症状が現れ始めます。
またメンタル面にも弊害が生まれ、活動中にやる気が起きない人や常に焦りを感じる人も。

生活の質を下げる不眠症は、治療を始めてもすぐに治る病気ではありません。そのため早期発見が望まれています。
「最近眠れなくなってきた」と感じている人は、かかりつけ医に相談しましょう。

●病院で睡眠薬を処方してもらおう

不眠症の治療には睡眠薬が用いられますが、市販では売っていないため病院へ行く必要があります。
睡眠に関する科は、内科か精神科です。

会社員として毎日頑張っている人は、なかなか身体の休息が取れないもの。不眠症となればなおさらです。周りから見る不眠症は「ただの寝不足じゃないの?」と思っている人がたくさんいるため、休む理由にしづらいのではないでしょうか。

しかし病院からの診断書があれば話は別です。
寝不足状態で「不眠症かもしれない」と危機感を感じ始めたら、病院から診断書を出してもらい会社を休みましょう。
睡眠は私たち人間にとって大切な要素。「休日に眠ればいいや」と寝不足な状態を続けていると不眠症になり得ます。
大事に至る前に、休息をきちんと取ってください。

また精神科を受診することに抵抗がある、仕事が忙しくて通院の時間がとれない、という人もいるはずです。
そんな場合には、睡眠薬の通販購入を検討してみましょう。
医療用医薬品として知られているルネスタの後発薬・ハイプナイトは、インターネットでの注文・購入が可能です。

通院の安心感、通販の利便性を比較し、自分にとって最適な治療法を進めていけるといいですね。